食品アウトレットはメリットが満載!上手に活用して生活力アップと社会貢献しましょう

>

食品アウトレットでの買い物は社会貢献にもなる

食品ロスの放置が良くない理由

食べられるものを処分する食品ロスの問題を放置することで、様々な問題が起こりかねません。

食品廃棄で燃焼をすれば、温室効果ガスの排出を引き起こします。世界の温室効果ガスの8パーセントを占めており、少なからず環境問題に影響を及ぼします。また、日本は食べ物の半分以上は外国からの輸入に頼っています。外国の中には飢餓で悩む所もあるので、食品ロスを放置すれば今後の輸入問題に影響を与えかねません。

通常では廃棄をするかもしれない様々な食品を、アウトレットでも良いので消費者に届けるだけで十分な効果が見込めます。家庭以外に業者や福祉系の事業者などが可能な範囲で利用すれば、食品ロスを防げます。食品アウトレットを活用して、各所ならではの取り組みをできる所から始めましょう。

食品アウトレットの買物も社会貢献だが

食品アウトレットを活用して消費者が商品購入をするだけで、食品ロスを防げます。例えば、余計に料理を作り過ぎた時、冷蔵や冷凍をして食べることで食べ残しの問題を防げます。ただし、冷凍でも1か月以上の放置や異臭をした食物を食べることはやめましょう。また、料理をしても思ったよりも美味しくない場合は処分をするのも1つの方法ですが、失敗を活かして料理のスキルアップに繋げましょう。

食品アウトレットで余計に買い過ぎた時は、フードバンクに寄付をするのも1つの方法です。最寄りの役所や社会福祉協議会が情報提供をしているので、参考にしてニーズに合う所に持参するのも良いでしょう。

とはいえ、自分のキャパを超えて悪戯な買い物をすることはお勧めできません。寄付をする場合でも、度重なると先方に不安を与えてしまいます。


この記事をシェアする